コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

コラーゲンは美容効果のある成分としてすっかり定着しました。スキンケア、ドリンク、サプリなど様々なものに配合された商品が販売されていますね。例えばインターネットを中心に人気になっているコラーゲン生成サポートを謳ったリペアジェル通販など耳にした方も多いかもしれません。

コラーゲンは食品にも豊富に含まれているものもあり、口から摂ることもできる成分です。
でも、直接摂っても効果ってあるのでしょうか?コラーゲンの噂を検証してみましょう。

コラーゲンを食べる・飲む=お肌ぷるっぷる、ではない

よく「昨日コラーゲンたっぷり食べたから、お肌ぷるっぷる。」なんてことを言っている人がいますよね。
ブームに乗って「コラーゲン鍋」なんてものも流行りましたし…。
でも、コラーゲンをたくさん摂ったからと言って、それがそのまま肌のコラーゲンにはならないのです。
お肉をたくさん食べたからと言って、その分だけ筋肉が増えないのと一緒です。

効果がないと言う人たちには、プラシーボ効果(単なる思い込み)という意見もあります。
確かにコラーゲンに限らず、昨日食べたものが朝に効果が出るなんてことはありません。
そんな即効性があったら、サプリなどを使う意味がなくなってしまいますよね。
コラーゲンはタンパク質、体の中でアミノ酸に分解されても体に悪いものではないので、美容効果にはならなくても体のための栄養にはなります。

 

普通の食べ物、飲み物からでは効果がないということ

コラーゲンを摂って体の中で分解されてもコラーゲン作りの材料になるのでは?と考える人もいます。
しかし残念ながら、普通の食べ物や飲み物では分子が大きすぎて分解・吸収に時間がかかってしまいます。
コラーゲンとして吸収されるには、分解の段階ですでに小さく(低分子化)しておくと、吸収率が良くなります。

※ここでいう食べ物・飲み物は普通の食事から摂るもの、コラーゲンを摂ることを目的としたドリンク剤などのことではありません。

➡ 毎日摂りたいコラーゲン、おすすめ食品は何?

 

塗ったら増える?コラーゲン入りスキンケアの真相とは?

コラーゲンは普通の食べ物からでは直接美容効果は得られないことがわかりましたが、では、塗るタイプのスキンケアでは?
実はスキンケアで塗るのも効果がない、という噂があります。コラーゲンを塗ることによる効果はあるのかないのかどっちでしょうか?

 

コラーゲンを塗る=コラーゲン量UPにはならない

肌のハリにはコラーゲン、ということでコラーゲンが配合された美容液といったスキンケアがたくさん販売されています。
しかし、残念ながらこれらを使っても、コラーゲンが補充されるというわけではないんですね。
食べ物のコラーゲンと同じく、スキンケアに入っているコラーゲンも分子量が大きいと、コラーゲンのある肌の奥、真皮層まで届きません。

どのくらいだと届くのかというと、分子の量は「ダルトン」という単位で表され、真皮層まで届かせるには500ダルトン以下にまで小さくする必要があります。
食べ物の動物性コラーゲンは30~40万ダルトン、低いとされる海洋性コラーゲンでも10万と言われています。
コラーゲンを吸収しやすくしたドリンク剤などに入っているものでも3000~5000です。
最近になって500~1000という超低分子化されたものが出てきました。肌にコラーゲンを届かせるのはとても難しいのです。

届いたとしても、もともと体が作り出したコラーゲンではないので、肌は異物と判断し、肌の中にあるコラーゲンと混ざって量が増えることはありません。

 

コラーゲン入り美容液には意味がない?

では、コラーゲン入りの美容液を使って肌ぷるっぷるっていうのは嘘?という疑問が出てきますが、そうとも言えません。
コラーゲンは角質層の水分を保つ働きがあります。保湿としては効果的な成分なのです。
塗ることでコラーゲン自体を増やすことはできませんが、肌を保湿することで潤いを保ち、乾燥によるしわを防ぐことができます。

 

 

あなたはちゃんと知っている?コラーゲンの働きと効果

コラーゲンは体や肌にいいということは知られています。でもコラーゲンって一体何?と聞かれてうまく答えられない人が意外と多いのです。
ただ何となくではなく、肌と健康に欠かせないコラーゲンの働きと効果を知っておきましょう。

 

コラーゲンとは?

コラーゲンはタンパク質の一種。人の体は、そのほとんどが水分でできていますが、水分に次いで多いのがタンパク質です。
そのタンパク質の3割ほどをコラーゲンが占めています。
コラーゲンが一番多くあるのは皮膚ですが(約4割)、骨や軟骨にも2割ほどあり内臓や血管にもわずかにありと、体のいろんなところに存在しています。

コラーゲンの働きとは?

私たちの体はたくさんの細胞でできていますが、コラーゲンは細胞と細胞の間にあって細胞同士をつなぐ接着剤のようなもの、重要な役割を持っています。
美容だけでなく健康に維持にも大切な成分ということですね。

 

コラーゲンの効果とは?

コラーゲンの効果はそのある場所によってさまざまです。

肌の弾力を保つ

肌の奥の真皮層にコラーゲンはあります。真皮の約7割はコラーゲンでできていて、ネット上に広がって肌の弾力を保ちます。

爪の健康

爪も皮膚の一部、強くて色艶のいい爪を保つのもコラーゲンの効果です。

髪の毛を丈夫にする

髪のハリやコシは頭皮にあるコラーゲンで保たれています。コラーゲンが減ってくると、髪がたわんだり細くなったりします。

骨を衝撃から守る

骨はカルシウムやリンだけでなく、コラーゲンも入っています。コラーゲンが入ることで固いだけでなくしなやかになり、外からの衝撃を和らげます。

関節痛を和らげる

骨をつなぐ関節にある軟骨、その半分をコラーゲンが占めています。軟骨がないと骨同士がぶつかって関節痛が出てきます。
軟骨にあるコラーゲンは、関節のクッションと動きのサポートをします。

けがの回復力を高める

コラーゲンには再生機能があるので、体内にコラーゲンがたくさんあると回復スピードが上がるとされています。

 

美容と健康のために積極的に取り入れたい成分であることが分かりますね。

 

 

飲んで増やせるコラーゲン、その方法は?

コラーゲンは口から摂ってもアミノ酸に分解されてしまうので、コラーゲンとしての美容効果ないというのが少し前までの考えでした。
しかし、コラーゲンの研究や開発が進むにつれてその考え方が変わってきています。
最近の研究から分かった飲むコラーゲンの効果を紹介しましょう。

 

飲むコラーゲンは効果あり!その理由は?

一定量のコラーゲンを一定期間摂ることで、肌の角質の水分量がUPしたり、シワに悩む40代後半からの女性にシワ改善が見られたという研究結果が出てきました。
しかし、ここでいうコラーゲンは普通の食べ物から摂るコラーゲンのことではなくコラーゲンペプチドのことです。
最近ドラックストアなどでも気軽に買えるようになったコラーゲン効果をうたったドリンク剤などに入っているのは、このコラーゲンペプチドなんです。

 

コラーゲンペプチドとは?

コラーゲンペプチドとは、そのままでは分解されても吸収されにくい大きなコラーゲンの分子を、小さく低分子化したものを言います。
作り方は、コラーゲンに熱を加えてゼラチン状に変化させ、それをさらに酵素分解で小さくするというものです。
分子量が小さくなったので、水に溶けやすい、体への吸収率が高いといった特徴があります。

コラーゲンペプチドも体の中でアミノ酸に分解されることに変わりはありませんが、一部コラーゲンペプチドのまま吸収されるので、美容効果が表れやすくなっています。

 

コラーゲンペプチドはコラーゲンの材料にはならない

コラーゲンペプチドはそのまま吸収されたからと言ってコラーゲンの材料になるわけではありません。
効果がないというわけではなく、これを吸収することで細胞の活動が活発になると、コラーゲンを作り出す細胞も活発のなるので結果的にコラーゲン量を増やすことができるというわけです。

 

 

塗って増やす?スキンケアでコラーゲンをアップさせる方法

スキンケアでコラーゲンを摂る方法、そのまま塗っても効果がないことは前に書かせてもらいました。(肌の保湿にはなりますが…)
では、塗る方法でコラーゲンを摂るにはどうしたらいいか?塗ることでコラーゲン効果を出す方法を調べてみました。

 

注目すべきは、コラーゲン入りではなくコラーゲン作りに役立つ成分

そもそもどうしてコラーゲンを摂るかというと、年齢とともに量も作る数も減ってしまうからです。
しかし、コラーゲンそのものを摂ってもコラーゲンとしての効果にはなりません。だったらコラーゲンを作るのに役立つ成分を摂ればいいんです。

 

➡ コラーゲンを作るのに役立つ化粧品紹介

 

体の中のコラーゲンは線維芽細胞によって作られています。この線維芽細胞も老化すると機能が落ちてしまいます。
線維芽細胞の老化はコラーゲン量の減少になり、それは肌のしわ・たるみといった肌トラブルになります。

スキンケアで塗ってコラーゲンを増やしたいなら、まず線維芽細胞を活性化させる成分を摂り入れましょう。

線維芽細胞を活性化させる(コラーゲンを作る)成分とは?

ビタミンC誘導体

美白ビタミンとして知られるビタミンCですが、より肌に吸収されやすくしたものがビタミンC誘導体です。
肌の老化を防ぐ抗酸化作用や皮脂を抑えたり美白作用があります。

レチノール

レチノールは体の中にもある成分でビタミンAの一種、肌の再生(ターンオーバー)を促します。

ナイアシン(ビタミンB3)

ビタミンCと同じ水溶性ビタミンのナイアシンは、肌の代謝を活発にすることでコラーゲン作りを促します。
ビタミンC誘導体やレチノールと比べ肌への刺激が少なく、肌が敏感な人におすすめの成分と言えます。

 

浸透率のいいものを選ぶ

良い成分でも肌に浸透しなければ効果が発揮できません。
コラーゲン量を増やしたいなら上記3つの成分に注目するとともに、浸透しやすい低分子化されているものを選びましょう。