市販でお手軽コラーゲンサプリ、人気の3種を紹介します

コラーゲンドリンクと同じくコラーゲンはサプリも人気となっています。こちらもたくさんのメーカーから発売されていてドラックストアなどでも手軽に買えるようになりました。
近所のドラックストアで売っている中から、手軽に買えて人気の高いものを3つ紹介したいと思います。

 

 ➡ 食品で摂りたい…そんな方にはこちら

 

ドラックストアなどで買える人気のコラーゲンサプリ

アサヒ ディアナチュラ低分子コラーゲン

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  30日分240粒入り 価格1380円(税抜)※アサヒのサプリ公式サイト価格
  •  コラーゲンの種類、量  低分子豚由来コラーゲン、2000㎖入り
  •  コラーゲン以外の美容成分  コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC
  • その他のおすすめポイント  低カロリー9.13kcal(1日目安8粒辺り)、香料・着色料・保存料無添加

 

〈口コミ紹介〉

他メーカーのものを飲んでいましたが、吹き出物の跡とか改善が見られないのでこっちに替えてみました。
替えて正解!魚由来のものより豚由来のコラーゲンの方が私には合っていました。吹き出物の跡も消えそうです。(35歳女性)

サプリはドリンクと違って飲みにくくなくていいですね。1日8粒だと多いので量を減らしてのんでも効果は充分。
顔だけでなく体もツルツルです。乾燥する季節には手放せないサプリです。(42歳女性)

DHC コラーゲン

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  30日分180粒入り 価格753円(税抜)※DHC公式オンラインショップ価格
  • コラーゲンの種類、量  低分子魚由来コラーゲン、2050㎖入り
  • コラーゲン以外の美容成分  ビタミンB1、B2
  • その他のおすすめポイント  低カロリー7.8kcal(1日目安6粒辺り)

 

〈口コミ紹介〉

DHCのビタミンCのサプリも買って一緒に飲んでいます。それでも価格はリーズナブル。
この価格でコラーゲンが2000も入っているのはおいしい。肌だけでなく髪もツヤが出てきているので、愛用しています。(38歳女性)

風邪ひいた後の弱った肌の回復にも助かっています。肌が敏感なのでスキンケアではなく、サプリで補っています。
近所のドラックストアで手軽に買えるのもいいですね。ちょっと匂いが気になりましたが、飲み続けるには問題ないです。(40歳女性)

 

ファンケル THCコラーゲンDX

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  30日分180粒入り 価格1620円(税抜)※ファンケル公式サイト価格
  • コラーゲンの種類、量  豚由来トリペプチド高含有コラーゲンペプチド、900㎖入り
  • コラーゲン以外の美容成分  リンゴポリフェノール
  • その他のおすすめポイント  臭いが少なく飲みやすい丸みのある粒タイプ

 

〈口コミ紹介〉

コラーゲンサプリはこれより価格のリーズナブルなものもありましたが、粒が大きく飲みにくかったのでファンケルのものに替えました。
飲みやすいし価格もそんなに高くないし(美容液買う方が高くつきます。)、続けるにはちょうどいいです。
飲み始めてから肌が乾燥しなくなり、くすみもとれていい感じです。(43歳女性)

他メーカーのものと比べてコラーゲン量が少ないかなと思いましたが、前に1日おすすめ量飲んで効きすぎた私としてはこれぐらいがちょうどいいです。
飲み続けて3か月、即効性はないけど今現在肌の調子はとってもいいです。ビタミンCのサプリと一緒に飲んでいるせいか肌が明るくなってきました。(37歳女性)

 

まとめ

ドラックストアで買えるサプリは、高額なものより価格が手ごろで続けやすいものが人気でした。
他のサプリと組み合わせて飲んでいる人も多かったですね。ドリンクが苦手な人もサプリなら飲みやすいようです。

➡ コラーゲン増の為に女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法

 

コンビニでも買えるコラーゲンドリンク、人気の3種を飲み比べ

飲む美容液として人気となっているコラーゲンドリンク、たくさんのメーカーから発売されていて種類も豊富、どれを飲もうか迷ってしまいますよね。
そんなたくさんのコラーゲンドリンクの中から、3種類紹介します。近所のコンビニなどで1本から買える物の中から、人気の商品をチョイスしてみました。

 

➡ コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

コンビニで買える人気のコラーゲンドリンク

資生堂 ザ・コラーゲン〈ドリンク〉V

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  1本50㎖入り 価格250円(税抜)※資生堂公式サイト価格
  • コラーゲンの種類、量  低分子フィッシュコラーゲン、1000㎖入り
  • コラーゲン以外の美容成分  2つの美容特許成分配合(北欧のスーパーフルーツのコケモモ、東南アジアの健康食材アムラ果実)、ヒアルロン酸、セラミド、ギャバ、オルニチン、ビタミンC、B2、B6、E
  • その他のおすすめポイント  低カロリー8.5kcal、脂質0、ノンカフェイン、保存料無添加、飲みやすいミックスフルーツ味

 

〈口コミ紹介〉

今まで飲み物の中では一番飲みやすいです。定期的に飲むにはやっぱり飲みやすいのが一番、コラーゲン以外にもたくさんの成分が入っているし。
後は価格がもう少し安いといいのだけど。(42歳女性)

3日に1本の割合で飲んでますが、疲れたときは連続で飲んでいます。翌朝の肌のハリが違います。
肌の回復には飲むのが一番。味も飲みやすいです。(38歳女性)

 

DHC コラーゲンビューティ7000プラス

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  1本50㎖入り 価格200円(税抜)※DHC公式サイト価格
  • コラーゲンの種類、量  低分子フィッシュコラーゲン、7000㎖入り
  • コラーゲン以外の美容成分  コラーゲン作りを促すビタミンC、うるおいを保つNアセチルグルコサミン、全身の巡りをサポートするLシトルリン

〈口コミ紹介〉

肌にハリが出てきました。DHCの飲み物の中では一番効果を感じます。
12000㎖のものと迷いましたが、長く飲み続けることを思えばこちらの方がリーズナブルで買いやすいです。(35歳女性)

ちょっと甘さが苦手ですが、効果は感じられます。夜寝る前に飲むと翌朝の肌の調子がいいです。
冷蔵庫で冷やして飲む方が飲みやすいです。(41歳女性)

 

明治 アミノコラーゲンプレミアム

〈商品説明〉

  • 内容量、価格  1本50㎖入り 価格330円(税抜)※明治公式サイト価格
  • コラーゲンの種類、量  低分子フィッシュコラーゲン、1000㎖入り
  • コラーゲン以外の美容成分  保水成分のプロテオグリカンやヒアルロン酸、若々しさをキープするコエンザイムQ10、セラミド、ローヤルゼリー、アルギニン、グルコサミン
  • おすすめポイント  2016.9月にリニューアル、従来のものより美容成分増量、めぐりを高めるヒハツエキス末追加

 

〈口コミ紹介〉

コラーゲン以外にも美容成分がたくさん入っていて(プロテオグリカンが入っているのには驚きました。)、これ1本で補える感じ。
価格が高めなので毎日は飲めませんが、ここぞというときに飲んでます。疲れた肌が元気になります。(33歳女性)

コラーゲン特有の臭いもなく飲みやすいですが、とろみがあるのは苦手な人もいるかも。
これだけの美容成分がまとめて摂れるのはいいですね。2日に1本でも肌つやはいいですよ。(43歳女性)

 

まとめ

  • コラーゲン量
  • その他美容成分
  • 価格飲みやすさ

など、どこにポイントを置くかで買いたいドリンクは違ってきます。
手軽に買えるコンビニで飲み比べてみるのもいいですね。

 

➡ 諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンを増やす成分ビタミンC、レチノール、ナイアシン詳細

「諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法」のところで、サラッと触れましたが、コラーゲンを増やす成分が色々あり、その中で群を抜いているのが、ビタミンC、レチノール、ナイアシンです。ここでは、それぞれについて詳しくご説明します。

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性なので、そのまま肌につけても浸透し難いのが難点でした。そこで、ビタミンCをリン酸基等と一緒にして安定性を高め、肌への吸収性を高めたのがビタミンC誘導体です。肌内部で活性型のビタミンCに変異し、コラーゲンの生成を促進します。

メラニンの還元、抗酸化作用、新陳代謝の促進、皮脂分泌コントロール等、その働きは多彩に渡り、エイジングケアには欠かせない成分となりました。

ただ、ビタミンC誘導体は非常に多くの種類があります。化粧品の成分表示では一様にビタミンC誘導体としか記載されていませんが、実際、どの様な成分があるのか、主な成分を水溶性と脂溶性に分けてご説明します。

 

➡ ビタミンC誘導体を凌ぐ!?ビタミンC生命体含有の美容液

水溶性

一般に、化粧水や美容液、ローションなどに配合されており、使い心地はサラッとしていて、即効性があります。

  • リン酸アスコルビルNa
  • リン酸アスコルビルMg
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

脂溶性

一般に、乳液やクリームなどの油分を含む化粧品に配合されており、保湿効果が高く、濃い使い心地です。

  • パルミチン酸アスコルビル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

中間タイプ

化粧水やローションに配合されており、水溶性と脂溶性の両方の特性を持ち、高い浸透力が有ります。水溶性や脂溶性と比較して、値段が高く設定されています。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

 

💡 皮脂分泌の抑制作用がある為に肌が乾燥し易いですし、刺激が強く、肌が弱いとピリピリしますので、肌の弱い方には向きません。そういう方は、ナイアシン配合の化粧品に変える事をおススメします。

またビタミンCは紫外線に弱いので、保管場所は日の当たらない所を選び、3ヶ月~半年を目安に使い切ります。

ナイアシン(ビタミンB13)

抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を促して、肌代謝を活性化させ、肌にハリを与えます。ビタミンC誘導体やレチノールと比べると、効きは穏やかですが刺激が少ないので、それらを使えない方、肌の乾燥が気になる方、敏感肌の方でもご利用頂けます。

水溶性の成分なので、一般的に美容液や化粧水に配合されています。但し、ビタミンC誘導体やレチノールと比べると、ナイアシン配合の化粧品は少ないので、見つけるのが難しいかもしれません。

 

レチノール(ビタミンA)

肌のターンオーバーを促進して、コラーゲンの生成量を増やす作用があるビタミンAの一種で、脂溶性です。美容液やクリーム、アイクリームによく配合されています。

深く刻まれたシワの改善迄は望めないかもしれませんが、目元にできる小ジワやほうれい線、額の深いシワ、その他の浅いシワに効果が期待できます。又、他にも肌細胞のターンオーバーが促進されるので、シミやくすみ、ニキビ跡を目立たなくするのにも期待できます。

皮膚科で処方されるレチノイン酸よりも肌への効き目は穏やかなのが特徴です。成分表にはパルミチン酸レチノールや酢酸レチノールと表記されます。レチノールの化粧品への配合量は0.01%~0.1%ですから、濃度はかなり低めです。

レチノールは日光に当てると効果が弱まり、使用中の肌は敏感気味になるので、夜使うのがおススメです。朝使う場合、ファンデーションを重ねて、直接日に当たらないように注意が必要です。ピーリング後に使うと、より浸透率が高まり効果的です。

効果は高いですが、刺激が強いので、敏感肌の人や肌が弱っている時には使用するのを避けた方が良さそうです。

使用する毎に、徐々に慣れてきますが、ターンオーバーを促進する成分の為、肌がカサつく、乾燥する、赤みが出る等の症状が出る危険が大いに有ります。

肌への刺激が気になる場合は、ナイアシンや効きが穏やかなタイプのビタミンC誘導体を使われるのをおススメします。

 

リペアジェルに悪い口コミも…商品の性質上、相性も有りますね。

リソウコーポレーションのホームページを見てみても、リペアジェルは一切の石油系成分を排除して、100%丸々植物由来の原材料で製造しているので、肌に優しい化粧品としてご利用頂けるという風に記載されています。

又、自社生産による無農薬栽培米や100%植物由来の処方での製法ですし、第三者機関によるアレルギーテスト済みで、敏感肌で心配な方もご使用頂いております。(但し、製品の性質上、全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)とあります。

ですから、リソウとしてはかなり自信を持っているけれども、やはり、例外はあると言っているワケですね。で、リペアジェルの口コミをズーッと見ていくと、中には、悪い口コミもあります。恐らく、この例外事象に該当するのであろうと思われますが、ご覧下さい。

 

リペアジェルは口コミでも評判が良かったので、私も8mℓのトライアルで試してみて、とても良かったので本商品を購入しました。ところが、そのトライアルで感じた感覚がその後は持続せず、何故か次第に吹き出物がドンドンと出てきてしまいました。

それでも、たまたま体調が悪かったのかとか、気のせいだと思って使い続けたところ、顔中に大きなニキビ状の吹き出物が出て、結局、皮膚科に通うことになってしまいました。

勿論、原因は不明で、リペアジェルのせいとも断言は出来ませんが、お医者様からも、「新しく使い始めた化粧品が原因かもしれませんね。」とのご指摘を受け、他に心当たりもなく、お医者様のアドバイスに従って、使うのを止めたら治りました。

私の場合、使用量はワンプッシュで十分潤っていたので、正直、コスパは驚くほど良いと私なりに評価していて、しかも真空ボトルなので、衛生的にも良いと感じていただけに、とても残念です。肌に合っていれば使い続けたい商品でした。

30代

 

いくら第三者機関によるアレルギーテスト済みであっても、リソウが「但し、製品の性質上、全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません」と付け加えている様に、どうしても合わないという方がいらっしゃるんですね。

それにしても、トライアルの時点で、それが分かれば良かったのですが、トライアル時点では、何ともなくて、本格的に使い始めてから、皮膚に症状が出たのは、本当に、ご本人も「残念です。」と仰っていらっしゃる様に、お気の毒でした。

 

➡ コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

 

 

ネットで人気のリペアジェル、良い口コミの一部をご紹介します!

先程は、リペアジェルへの悪い口コミと言いましょうか、残念な口コミでしたが、ここでは、一転良い口コミをご紹介したいと思います。リペアジェルは相性さえ合えば、非常に高い効果を発揮するので、良い口コミから、そういった効果も読み取って下さい。

リペアジェルのトライアルを使ってみて「何か違う」と感じて、直ぐにでも、本商品が欲しいと思ったのですが、お値段を考えて、チョッと躊躇してしまいました。

トライアルではなく本商品が安くなるキャンペーンが有ればと思いましたが、諦めて、オークションに約1万円で出ていたのを落札しました。明らかに皮膚の状態が変わってきます。肌の質が良くなった感じで、驚きました。さすが医学誌に紹介されただけあります。

トライアルを1か月使った時は「何か違う」と感じましたが、その実態は分かりませんでしたが、本商品を1本使ったら、その皮膚の変化がハッキリと分かりました。良いものはそれなりのお値段がかかるのも当然ですか。合成添加物に頼っていない点も、とても良いです。

本商品のリペアジェルは1本で3か月半くらい持ちました。他のジェル製品とは明らかに効果が違いますね。やっぱり値打ちがあります。

30代

 

最初に使ってみた時には、美容液というよりオイルじゃないの?と思ったくらい、その濃厚さにビックリしましたが、肌に乗せた途端、スルッと伸びてハリや弾力を与えてくれます。

私は、リペアジェルを使う迄は、年中、超乾燥肌でしたが、これからは気にならなくなりそうで、とても嬉しいです。又、商品がデリケートな事を考慮してか、ボトルが遮光になっている点に配慮が感じられますし、エアレスポンプという点もとても魅力的です。

30代

 

リペアジェルは、年齢を重ねた肌に対し、エイジングケアを目的に開発された実力派美容液で、数々の賞も受賞していると知って、期待を込めて購入しました。その私の期待は裏切られる事はありませんでしたよ。

最初は、その固めのジェルにビックリし、使うと肌に馴染み、肌の中へ中へとグングン浸透しているのが感じられたので、固めのジェルなのに肌に浸透するという事に、又、ビックリしました。暫くすると肌の表面はサラッとしているのに中は潤っている感じです。

濃い美容成分で、洗顔の後はこれ1本で済むので、コスパが良い事を考慮すると、少々高くても、実際にはそれほど高くない事に気付きました。

40代

 

この様に、リペアジェルを使われた方々の大半は、他のジェルとは比べ物にならない程違う良い商品であると高評価の口コミをされています。価格が少しネックにはなっている様子ですが、結局は良さが凌駕して、購入欲をそそられている様ですね。相性さえ合えば、本当に良さを分かって頂けるアイテムの様です。

コラーゲンを増やせるビタミンC生命体はリペアジェルだけの特許

一般の化粧品に配合されているビタミンCは、ビタミンC誘導体と呼ばれるものですが、実はもうひとつ、全く別の形のビタミンCがあります。それはビタミンC生命体という形です。

ビタミンC誘導体は、肌内部に浸透された後、ビタミンCに変換される成分なので速効性は望めません。その点、ビタミンC生命体は“生”のビタミンCなので、ダイレクトに浸透して、即、シミなどの肌悩みの原因にアプローチする為、効果も直ぐに実感出来ます。

ビタミンCの本来の姿であるL-アスコルビン酸の状態を長期安定化させるのに成功したのがこのビタミンC生命体です。植物の力を最大限に活用する事を目指し、長年研究を重ねて誕生した成分の形です。成分が必要な場所まで届く事に化粧品を選ぶ価値がありますね。

 

リペアジェルは、この点にこだわり、植物の持つ力を活用する生命体技術を開発しました。安定化した“生”のビタミンCやアミノ酸をグングンと角質層まで浸透させるので、お肌は潤い、お肌本来の美しさが目覚めます。

ビタミンCは、コラーゲン生成を促進し、シミ、しわ、ハリ、弾力をアップできたら等々といった様々なエイジング肌の悩みを解消してくれる美肌作りに重要な成分です。その成分を天然由来の状態のまま、美容エッセンスとして配合しているのがリペアジェルです。

コラーゲンを増やせるビタミンCがビタミンC誘導体ではなく、ビタミンC生命体という生のビタミンCの形で配合されているのはリペアジェルだけです。いつまでも若く瑞々しいお肌を保ちたいと願う貴女にリペアジェルは生命体技術で応えます。

 

➡ 諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

 

 

リペアジェルのトライアルキット等、お得な通販情報のご案内です

コラーゲンを増やせるビタミンCがビタミンC誘導体ではなく、ビタミンC生命体という生のビタミンCの形で配合されているリペアジェルなので、ビタミンC誘導体よりも結果が早く出るとの評判も上々です。

又、チョッと固いテクスチャーに意見は分かれるものの、「追求したのは使い心地ではなく、美容効果。」と愚直なまでに美容効果にこだわった公式ページでの文言に惹かれて購入を決める方々も多いようです。そんなリペアジェルの公式ページを覗いてみましょう。

メーカーの公式なサイトならではのお得な通販情報が出ています。リペアジェル・トライアルキットのお知らせがありました。

  • 約15日~20日分のお試しサイズのボトル
  • リペアウォーター100mℓボトル

がセットされて定価税抜¥8,000のところ、初回限定1世帯1個限りの大サービスで75%OFFの税抜¥1,980、しかも送料無料で手に入ります。

リペアジェルは8mℓ入といっても約15日~20日分あるので、¥5,000の定価換算となりますし、リペアウォーターが定価¥3,000なので、本来は定価¥8,000というワケです。
ちなみにリペアジェルの本商品は32mℓ入で定価税抜¥15,000です。

尚、リペアジェルはドラッグストア等で購入したくても、お店には置いておらず通信販売のみです。通販でお馴染みの楽天でも購入可能ですし、アマゾンにも出典があれば買えますが、公式サイトから購入して会員登録すると、次回からは会員価格で購入できます。

最初は15%OFFで、累積購入額で割引率が変わるので、継続して購入すると最大30%OFFで購入出来るという特典付きです。更に会員ですと、購入額に関わらず、リソウの商品が全て送料無料になります。断然お得ですね。

コラーゲン増の為に女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法

「諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法」の2番で、「女性ホルモンの原材料を体内に補給して女性ホルモンを出す努力をする」と、申し上げました。そこで女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法に注目しましょう。

25歳以降は減少を続け、40歳になると25歳頃の65%迄減少し、60歳にもなると、なんと25歳当時の40%程度に迄減ってしまうといわれるコラーゲンですが、これは女性ホルモンのエストロゲンの分泌量にも関係してきます。

徐々に減少傾向を辿るエストロゲンの分泌量も閉経を期に0になってしまいます。減少し続けても、或いは0になっても、このエストロゲンに似た成分を外部から摂取すれば、似たような働きも期待出来るわけです。

 

大豆イソフラボンの摂取

そこでおススメなのが、女性ホルモンと似た働きをする効果を発揮する大豆イソフラボンを摂取する方法です。加齢や生活の乱れ、或いは、ストレス等からくる女性ホルモンのアンバランスを整えて、それに起因する様々な症状を緩和します。

大豆イソフラボンは、大豆製品の納豆や豆腐や豆乳等に含まれていますので、手軽に補給できます。

 

蛋白質の摂取

女性ホルモンを分泌する卵巣の状態から健康にする必要があります。その卵巣も、個々の細胞から出来ているので、身体の細胞を作る働きを担う蛋白質をシッカリと摂取することでより健康な卵巣等の臓器が作られます。

豆腐や納豆等の大豆製品からなる植物性蛋白質は勿論のこと、肉や魚等の動物性蛋白質もバランス良く摂取する事で細胞の再生や修復も進みます。

 

➡ 毎日摂りたいコラーゲン、おすすめ食品は何?

 

良質な睡眠の確保

女性ホルモンは睡眠の影響も大いに受けてしまう為に、女性ホルモンをバランスよく分泌させ、女性ホルモンのバランスを正常に保つ為には、良質な睡眠をとることが大切です。夜更かしや、布団の中でのスマホ・チェックは良質な睡眠を妨げています。

週末で会社が休みだからと遅くまで寝ていないで、一定の起床時間を守って、朝は太陽の光をシッカリ浴びて目覚める事も体内時計をリセットさせるという観点から、良質な睡眠確保には必要です。

又、珈琲・紅茶・緑茶・ココア等に含まれるカフェインも、良質な睡眠を妨げますので注意しましょう。これ迄の生活習慣を見直す事で良質な睡眠を確保し、女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。

 

マッサージによる女性ホルモンの活性化

ふくらはぎには、血液やリンパが溜まり易く、滞り易いです。ふくらはぎには、女性ホルモンの分泌を促す経絡、つまり東洋医学でいう気血の流れが存在します。ふくらはぎをマッサージする事で、気血の流れがスムーズになると、子宮や卵巣の働きも活性化されます。

ですから、ふくらはぎをマッサージして血流を改善すれば、血液もリンパも全身を巡り易くなり、身体が温まり、女性ホルモンの分泌が促されるようになる為に、乱れたホルモンバランスや自律神経も整います。

 

💡 両掌でふくらはぎを包み、力を入れ過ぎない様に注意して、優しく横に揺らしながら、徐々にほぐしていきます。ペットボトルに、ぬるま湯を注ぎ入れて、ふくらはぎから太腿にかけて、当てて温めるのも効果的です。

 

ツボを押して女性ホルモンを活性化

東洋医学で健康とは、体内に循環する気・血・水が滞りなく流れる状態です。ツボとは、気・血・水が循環する経路の調整ポイントで、ツボを押すと、その刺激が信号として脳の視床下部に届き、経路の滞りが解消され、女性ホルモンが活性化しバランスが整います。

女性ホルモンの活性化に効果のあるツボ

  • 三陰交 足の内側にあるツボ。くるぶしの内側の一番高い所から指幅で四本上の位置にあり、婦人の三里とも呼ばれる程、女性にとって大切なツボです。女性ホルモンの分泌を促進します。
  • 中脘 お臍から指幅で4本上のお臍とみぞおちの真ん中にあり、女性ホルモンの分泌を促進します。
  • 壇中 左右の乳首を結んだ線の中心にあり、女性ホルモンの分泌を促進します。

息を吐きながら3~5秒間押して、息を吸いながら3~5秒間力を抜くという方法で、毎日就寝前等に5~10回繰り返しては如何でしょうか。

諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの生成のピークは25歳頃で、それ以降は減少を続け、40歳になると25歳頃の65%迄減少し、60歳にもなると、なんと25歳当時の40%程度に迄減ってしまうという残酷な事実を前に、諦めるしかないと弾力を失った肌で辛抱するのですか?

もし、コラーゲンの減少を少しでも喰い止め、逆にそのコラーゲンを増やせる可能性があるとしたら、どうしますか?それでも自然の流れに身を任せますか?コラーゲンを増やす方法があるのであれば、試してみては如何でしょう。その意志が有れば読み進めて下さい。

 

➡ コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

 

コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの原材料を体内に補給する!

当然の方法ですね。コラーゲンの元となる原材料は蛋白質です。その蛋白質、要するにアミノ酸をシッカリと補給すれば良いのです。中でもプロリンとリジンがコラーゲンの生成には必須です。更にビタミンCはコラーゲンの生成過程で必要ですので、一緒に摂取します。

プロリン、リジンが多く含まれる食材として挙げられるのは、ゼラチン、豚肉や鳥胸肉、大豆製品、乳製品、小麦等です。ゼラチンと言えば鶏手場先や鶏手場元、豚バラ肉、鰻、豚足の皮部分に沢山含まれていて、コラーゲンそのものですね。

既にご紹介しました「手羽元の薬膳スープ」や「豚バラ肉の黒酢で照り煮」もご参考になさって下さい。

30代で3g/日、50代で5g/日コラーゲンが必要とされると言われています。コラーゲンを多く含む前述の食材を積極的に摂るようにし、それでも気になるのであれば、サプリもありますので、積極的に摂取して、お肌の若さを蘇らせましょう。

 

女性ホルモンの原材料を体内に補給して女性ホルモンを出す努力をする!

良質な油

女性ホルモンの原材料となるのは油ですから、油の中でも身体に良いと言われているアマニ油や紫蘇油、ココナッツ油、オリーブ油等を積極的に摂取するようにしましょう。

女性ホルモン類似成分

又、女性ホルモンと似た働きが有るイソフラボンを含有する大豆や、類似成分を含むザクロや無花果を積極的に摂取しましょう。一定の年齢を過ぎてしまったと諦めるのは未だ早いのです。

感動とときめき、そして恍惚

又、女性ホルモンを出すには、感動したり、ときめいたり、といった心の動きが関係しているので、感性を磨き続けましょう。一番ときめくのは恋をした時かもしれませんね。現実の恋でもバーチャルな恋でも、ときめく事が大切です。

更に、ウットリとする感覚も女性ホルモンを促進しますので、例えば良い香りに包まれてみたり、素晴らしい音楽に暫し没頭したりするのも良いかもしれません。マッサージ等でも心地よくウットリ出来そうですね。

 

若返りホルモンである成長ホルモンの原材料を体内に補給して成長ホルモンを出す努力をする!

ホルモン関連でもう1つ。若返りホルモンと言われる成長ホルモンにも注目しましょう。

アルギニンが含まれる食材と運動

豆類や鳥胸肉等に含まれるアルギニンが、成長ホルモンの分泌を促進します。積極的に摂取して、スロースクワット等少しきつめの筋トレをすると成長ホルモンが大量に分泌されます。

良質な睡眠の確保

又、もう、スッカリ有名な話になりましたが、成長ホルモンは午後10~午前2時に最も多く分泌されますので、その時間帯の睡眠を確保する為にも、生活リズムを見直しましょう。

 

コラーゲン生成をサポートする化粧品でコラーゲン増産を図る!

医学的にコラーゲン生成をサポートする事が判明している美容成分、ビタミンC、レチノール、ナイアシンが配合された化粧品を使って、積極的にコラーゲンの増産を図ってみるのも手です。

 

➡ コラーゲンを増やせるビタミンC生命体はリペアジェルだけの特許

 

ピーリングをしてみる!

時には、フルーツ酸を使ってピーリングをしては如何ですか。ピーリングにはコラーゲンを増やして、肌をツルツルにする効果があります。

古い細胞が剥がれると新細胞生成の指令が出されるので、コラーゲン生成に関わっている繊維芽細胞が活発化します。

 

この様に、コラーゲンを増やす事は可能ですので、怠らずに地道に努力してみましょう。

コラーゲンを摂れる美味しいレシピ その1 手羽元の薬膳スープ

メディアで繰り返して紹介されるからでしょうか、「コラーゲンがタップリの食品は?」と尋ねられたら、真っ先に「鶏手羽元や鶏手羽元」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ですから、その期待を裏切らないように、ここでもコラーゲンを摂れる美味しいレシピとして最初にご紹介するのは、鶏手羽元を使った薬膳スープです。

➡ 諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

手羽元の薬膳スープ

材料(2人分)

  • 干し椎茸 3個
  • 水 400CC
  • 鶏手羽元 4本
  • 酒 大匙1
  • 大蒜  1片
  • 生姜 10g
  • 白葱 1本
  • 油 大匙1
  • クコの実(予め水に浸けてふやかしたもの) 大匙1
  •  (A)味醂 大匙1
    醤油 大匙1

作り方

  1. 400CCの水を入れたボールに干し椎茸を入れてもどし、出汁を取ります。
  2. 大蒜と生姜はみじん切り、白葱は3cmの長さに切ります。
  3. もどした椎茸は1cm巾に切ります。
  4. フライパンに油を入れて火にかけ、大蒜と生姜を少し色づく迄、炒めます。
  5. 大蒜と生姜が色づき、香りが出たところで、鶏手羽元、白葱を入れ、ほんのり焼き色をつけます。予め、こうして焼き色をつけておく事で、仕上がりが香ばしくなります。
  6. 鶏手羽元に焼き色がついたところで、干し椎茸を戻して作った出汁と刻んだ椎茸を加えて蓋をして、中火で5分煮ます。
  7. ひと煮立ちしたら、ふやかしたクコの実を加え、15分程煮て出来上がりです。

 

クコの実等と言う普段余り使わない材料を加えますので、チョッとマニアックだと思われるかもしれませんが、クコの実にはビタミンやミネラルが豊富に含まれますので、鶏手羽元に含まれるコラーゲンとの相乗効果でお肌が益々プルンプルンになりそうです。

ちょっと大きめのスーパーの中華食材売り場かドライフルーツ売り場、スパイス売り場を探すと、ほぼ手に入ると思いますよ♪

人間で言えば肘と肩の間の部分に相当する鶏手羽元は、動きも多い場所で、骨と肉と皮が程々に有り、ゼラチン、つまりコラーゲンがたっぷり含まれている部位です。じっくり煮込めば、旨みとそのコラーゲンが徐々に溶け出してきます。

💡 今回は椎茸で出汁をとっていますが、昆布出汁やカツオ出汁、或いは全てを入れた出汁も美味になります。

参考サイト:https://oceans-nadia.com/user/39/recipe/113272

 

 

コラーゲンを摂れる美味しいレシピ
その2 豚バラ肉の黒酢で照り煮

先程はもう、コラーゲンと言えば鶏手場元・鶏手羽先の流れに乗って、皆様の期待を裏切らないメニューをご紹介しましたが、ここでは、趣を変えて豚バラ肉を用います。豚バラ肉にも実はお肌の健康に不可欠なコラーゲンが豊富に含まれています。

しかも豚の脂身にはコレステロール低下作用のあるオレイン酸やステアリン酸が含まれています。少し調理法を工夫すれば、余分な脂肪分をカット出来ますので、ここでご紹介するレシピでも、少しだけ脂肪分をカットしています。

➡ 毎日摂りたいコラーゲン、おすすめ食品は何?

 

豚バラ肉の黒酢で照り煮

材料   (2人分)

豚バラかたまり300g
玉葱 1/2個

  • 煮汁  水200mℓ
  • 酒  大匙3
  • 醤油 大匙3
  • 砂糖 大匙3
  • 黒酢 大匙3
  • 彩り用 刻んだ青葱 適宜
  • 付け合せ用 茹でた人参 適宜
    茹でたブロッコリー 適宜

 

作り方

  1. 豚バラ肉は5mm巾にスライスします。
  2. 玉葱はくし切りにします。
  3. 油を引かずに、フライパンで豚バラ肉をソテーします。
  4. 片面に焼き色がついたら、豚バラ肉から出た脂を拭き取り、豚バラ肉を裏返し、玉葱を加えて炒めます。
  5. 煮汁を加えて、混ぜながら中火で煮込みます。
  6. 汁気が煮詰まって照りととろみが出たら完成です。
  7. 器に盛って青葱を散らし、ブロッコリーと人参を添えて、ハイどうぞ。

 

黒酢を加える事で、サッパリとした風味も加わり、脂っこい豚バラ肉は…と敬遠されていた方でも、一口お召し上がりになると、結構、嵌ると予想されます。ご飯が進む、食欲の秋に相応しいレシピです。

付け合せの人参は脂と相性が良く、脂と合わさる事で、栄養が吸収され易くなります。その人参の赤とブロッコリー・葱の緑が補色関係で鮮やかに目を引きます。食欲もそそられますね。

ロース以外のお腹の部分の肉は全てバラ肉です。マグロで言えば大トロに当たる部分ですから、豚バラ肉が美味しいのは当然ですね。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/1864499

毎日摂りたいコラーゲン、おすすめ食品は何?

―美容目的にはならないのに、コラーゲンを食べることに意味はあるのか?―
コラーゲンに対してこんな意見があります。

確かに食品から摂るコラーゲンは、体の中でアミノ酸に分解されてしまうため、コラーゲンとして働くものではありませんが、質のいいタンパク質やアミノ酸を摂ることは、体にはいいことです。
毎日摂ることで代謝がUPされれば細胞の活性化にも繋がります。コラーゲンを摂ることは、決して無駄ではありません。

 

コラーゲンが豊富な食品とは?

コラーゲンには動物性のものと海洋性のものがあります。

動物性コラーゲン

私たちがよく食べる牛・豚・鶏に入っています。特に鶏は低カロリー、価格も安くコラーゲンの安定供給には適しています。

〈動物性コラーゲン食品例〉

  • 牛すじ肉 牛テール肉
  • 豚白もつ 豚足 豚バラ肉
  • 鶏軟骨 鶏皮 鶏手羽元 鶏手羽先 鶏砂肝

 

➡ 注目のコラーゲンレシピ

海洋性コラーゲン(別名フィッシュコラーゲン・マリンコラーゲン)

脂質が少なく低カロリー、吸収率が高い、アレルギーの不安も少ないと利点が多いのですが、その分動物性のものと比べて価格は割高になります。
臭いが少ないので、ドリンクに入っているコラーゲンによく使われています。

〈海洋性コラーゲン食品例〉

  • フカヒレ はも スッポン あんこう エイヒレ うなぎ イカ エビ
  • 鮭 さんま ぶり マイワシ 真アジ (魚は皮と身の間にコラーゲンが多く含まれています。)

ゼラチン

生のコラーゲンに熱を加えて抽出・精製したもの。温水に溶け、覚めると固まる性質があります。生のものに比べて消化吸収率が良くなります。

〈ゼラチンから作られた食品例〉

  • 煮こごり料理
  • ゼリー
  • プリン
  • 杏仁豆腐
  • グミ

 

意外と身近なコラーゲン

食品例だけだと毎日摂れるかなとちょっと心配になりますが、焼き鳥やおでんの牛すじ、焼き魚弁当、もつ煮込み(缶詰)、ゼリーやプリン、グミなどはコンビニでも売っています。
コラーゲンは意外と手軽に買えるものです。ただ、カロリーの高いものもあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

コラーゲンの効果的な摂り方、摂るときの注意点は?

コラーゲンを含む食品はたくさんあります。どうせ摂るなら成分を効果的に摂りたいものです。
コラーゲンの効果的な摂り方や摂るときの注意点をまとめてみました。

 

どのくらい摂ればいい?

コラーゲンを摂る目安は、肌には5000㎎、骨や関節には10000㎎と言われています。

 

摂る頻度はどれくらい?

コラーゲンは毎日分解と合成を繰り返しているため、気が向いた時に大量に摂るより、一定量を毎日摂って今あるコラーゲン量を落とさないようにする方が効果的です。

 

摂る時間帯は?

食事で摂るのではなくサプリやドリンクなので補う場合、満腹時より空腹時の方が吸収されやすいです。
食後ではなく食前、朝起きてすぐがいいでしょう。

美肌作りが目的なら、肌が作られるのは夜なので、寝る前に摂るのがおすすめです。

 

➡ コラーゲン増の為に女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法

 

摂り過ぎたらどうなる?

毎日摂っておきたいところですが、どんなものでも摂り過ぎは良くありません。
摂り過ぎた場合に起こるトラブルを紹介します。

  • 脂っこい食材の場合、大量に食べると胃がもたれる。
  • 腎機能が弱い人は、過剰なタンパク質はむくみやだるさの原因になる。
  • タンパク質の一種であるため、代謝されないと脂肪になり肥満の原因になる。
  • コラーゲン代謝にはビタミンB群が使われるため、不足気味になると皮脂バランスが崩れてニキビの原因になる。

くれぐれも摂り過ぎには注意しましょう。

 

食品からが難しい場合、サプリやドリンクの活用を

日本人は1日平均1900㎎しかコラーゲンが摂れていません。
積極的に摂りたい成分ですが、摂りずぎはトラブルの原因になりますし、毎日同じものを食べ続けると飽きてきます。
サプリやドリンクを活用するのも効果的な摂り方の一つです。