コラーゲンを増やす成分ビタミンC、レチノール、ナイアシン詳細

「諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法」のところで、サラッと触れましたが、コラーゲンを増やす成分が色々あり、その中で群を抜いているのが、ビタミンC、レチノール、ナイアシンです。ここでは、それぞれについて詳しくご説明します。

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性なので、そのまま肌につけても浸透し難いのが難点でした。そこで、ビタミンCをリン酸基等と一緒にして安定性を高め、肌への吸収性を高めたのがビタミンC誘導体です。肌内部で活性型のビタミンCに変異し、コラーゲンの生成を促進します。

メラニンの還元、抗酸化作用、新陳代謝の促進、皮脂分泌コントロール等、その働きは多彩に渡り、エイジングケアには欠かせない成分となりました。

ただ、ビタミンC誘導体は非常に多くの種類があります。化粧品の成分表示では一様にビタミンC誘導体としか記載されていませんが、実際、どの様な成分があるのか、主な成分を水溶性と脂溶性に分けてご説明します。

 

➡ ビタミンC誘導体を凌ぐ!?ビタミンC生命体含有の美容液

水溶性

一般に、化粧水や美容液、ローションなどに配合されており、使い心地はサラッとしていて、即効性があります。

  • リン酸アスコルビルNa
  • リン酸アスコルビルMg
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

脂溶性

一般に、乳液やクリームなどの油分を含む化粧品に配合されており、保湿効果が高く、濃い使い心地です。

  • パルミチン酸アスコルビル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

中間タイプ

化粧水やローションに配合されており、水溶性と脂溶性の両方の特性を持ち、高い浸透力が有ります。水溶性や脂溶性と比較して、値段が高く設定されています。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

 

💡 皮脂分泌の抑制作用がある為に肌が乾燥し易いですし、刺激が強く、肌が弱いとピリピリしますので、肌の弱い方には向きません。そういう方は、ナイアシン配合の化粧品に変える事をおススメします。

またビタミンCは紫外線に弱いので、保管場所は日の当たらない所を選び、3ヶ月~半年を目安に使い切ります。

ナイアシン(ビタミンB13)

抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を促して、肌代謝を活性化させ、肌にハリを与えます。ビタミンC誘導体やレチノールと比べると、効きは穏やかですが刺激が少ないので、それらを使えない方、肌の乾燥が気になる方、敏感肌の方でもご利用頂けます。

水溶性の成分なので、一般的に美容液や化粧水に配合されています。但し、ビタミンC誘導体やレチノールと比べると、ナイアシン配合の化粧品は少ないので、見つけるのが難しいかもしれません。

 

レチノール(ビタミンA)

肌のターンオーバーを促進して、コラーゲンの生成量を増やす作用があるビタミンAの一種で、脂溶性です。美容液やクリーム、アイクリームによく配合されています。

深く刻まれたシワの改善迄は望めないかもしれませんが、目元にできる小ジワやほうれい線、額の深いシワ、その他の浅いシワに効果が期待できます。又、他にも肌細胞のターンオーバーが促進されるので、シミやくすみ、ニキビ跡を目立たなくするのにも期待できます。

皮膚科で処方されるレチノイン酸よりも肌への効き目は穏やかなのが特徴です。成分表にはパルミチン酸レチノールや酢酸レチノールと表記されます。レチノールの化粧品への配合量は0.01%~0.1%ですから、濃度はかなり低めです。

レチノールは日光に当てると効果が弱まり、使用中の肌は敏感気味になるので、夜使うのがおススメです。朝使う場合、ファンデーションを重ねて、直接日に当たらないように注意が必要です。ピーリング後に使うと、より浸透率が高まり効果的です。

効果は高いですが、刺激が強いので、敏感肌の人や肌が弱っている時には使用するのを避けた方が良さそうです。

使用する毎に、徐々に慣れてきますが、ターンオーバーを促進する成分の為、肌がカサつく、乾燥する、赤みが出る等の症状が出る危険が大いに有ります。

肌への刺激が気になる場合は、ナイアシンや効きが穏やかなタイプのビタミンC誘導体を使われるのをおススメします。

 

コラーゲン増の為に女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法

「諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法」の2番で、「女性ホルモンの原材料を体内に補給して女性ホルモンを出す努力をする」と、申し上げました。そこで女性ホルモンを増やしたり、整えたりする方法に注目しましょう。

25歳以降は減少を続け、40歳になると25歳頃の65%迄減少し、60歳にもなると、なんと25歳当時の40%程度に迄減ってしまうといわれるコラーゲンですが、これは女性ホルモンのエストロゲンの分泌量にも関係してきます。

徐々に減少傾向を辿るエストロゲンの分泌量も閉経を期に0になってしまいます。減少し続けても、或いは0になっても、このエストロゲンに似た成分を外部から摂取すれば、似たような働きも期待出来るわけです。

 

大豆イソフラボンの摂取

そこでおススメなのが、女性ホルモンと似た働きをする効果を発揮する大豆イソフラボンを摂取する方法です。加齢や生活の乱れ、或いは、ストレス等からくる女性ホルモンのアンバランスを整えて、それに起因する様々な症状を緩和します。

大豆イソフラボンは、大豆製品の納豆や豆腐や豆乳等に含まれていますので、手軽に補給できます。

 

蛋白質の摂取

女性ホルモンを分泌する卵巣の状態から健康にする必要があります。その卵巣も、個々の細胞から出来ているので、身体の細胞を作る働きを担う蛋白質をシッカリと摂取することでより健康な卵巣等の臓器が作られます。

豆腐や納豆等の大豆製品からなる植物性蛋白質は勿論のこと、肉や魚等の動物性蛋白質もバランス良く摂取する事で細胞の再生や修復も進みます。

 

➡ 毎日摂りたいコラーゲン、おすすめ食品は何?

 

良質な睡眠の確保

女性ホルモンは睡眠の影響も大いに受けてしまう為に、女性ホルモンをバランスよく分泌させ、女性ホルモンのバランスを正常に保つ為には、良質な睡眠をとることが大切です。夜更かしや、布団の中でのスマホ・チェックは良質な睡眠を妨げています。

週末で会社が休みだからと遅くまで寝ていないで、一定の起床時間を守って、朝は太陽の光をシッカリ浴びて目覚める事も体内時計をリセットさせるという観点から、良質な睡眠確保には必要です。

又、珈琲・紅茶・緑茶・ココア等に含まれるカフェインも、良質な睡眠を妨げますので注意しましょう。これ迄の生活習慣を見直す事で良質な睡眠を確保し、女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。

 

マッサージによる女性ホルモンの活性化

ふくらはぎには、血液やリンパが溜まり易く、滞り易いです。ふくらはぎには、女性ホルモンの分泌を促す経絡、つまり東洋医学でいう気血の流れが存在します。ふくらはぎをマッサージする事で、気血の流れがスムーズになると、子宮や卵巣の働きも活性化されます。

ですから、ふくらはぎをマッサージして血流を改善すれば、血液もリンパも全身を巡り易くなり、身体が温まり、女性ホルモンの分泌が促されるようになる為に、乱れたホルモンバランスや自律神経も整います。

 

💡 両掌でふくらはぎを包み、力を入れ過ぎない様に注意して、優しく横に揺らしながら、徐々にほぐしていきます。ペットボトルに、ぬるま湯を注ぎ入れて、ふくらはぎから太腿にかけて、当てて温めるのも効果的です。

 

ツボを押して女性ホルモンを活性化

東洋医学で健康とは、体内に循環する気・血・水が滞りなく流れる状態です。ツボとは、気・血・水が循環する経路の調整ポイントで、ツボを押すと、その刺激が信号として脳の視床下部に届き、経路の滞りが解消され、女性ホルモンが活性化しバランスが整います。

女性ホルモンの活性化に効果のあるツボ

  • 三陰交 足の内側にあるツボ。くるぶしの内側の一番高い所から指幅で四本上の位置にあり、婦人の三里とも呼ばれる程、女性にとって大切なツボです。女性ホルモンの分泌を促進します。
  • 中脘 お臍から指幅で4本上のお臍とみぞおちの真ん中にあり、女性ホルモンの分泌を促進します。
  • 壇中 左右の乳首を結んだ線の中心にあり、女性ホルモンの分泌を促進します。

息を吐きながら3~5秒間押して、息を吸いながら3~5秒間力を抜くという方法で、毎日就寝前等に5~10回繰り返しては如何でしょうか。

諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの生成のピークは25歳頃で、それ以降は減少を続け、40歳になると25歳頃の65%迄減少し、60歳にもなると、なんと25歳当時の40%程度に迄減ってしまうという残酷な事実を前に、諦めるしかないと弾力を失った肌で辛抱するのですか?

もし、コラーゲンの減少を少しでも喰い止め、逆にそのコラーゲンを増やせる可能性があるとしたら、どうしますか?それでも自然の流れに身を任せますか?コラーゲンを増やす方法があるのであれば、試してみては如何でしょう。その意志が有れば読み進めて下さい。

 

➡ コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

 

コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの原材料を体内に補給する!

当然の方法ですね。コラーゲンの元となる原材料は蛋白質です。その蛋白質、要するにアミノ酸をシッカリと補給すれば良いのです。中でもプロリンとリジンがコラーゲンの生成には必須です。更にビタミンCはコラーゲンの生成過程で必要ですので、一緒に摂取します。

プロリン、リジンが多く含まれる食材として挙げられるのは、ゼラチン、豚肉や鳥胸肉、大豆製品、乳製品、小麦等です。ゼラチンと言えば鶏手場先や鶏手場元、豚バラ肉、鰻、豚足の皮部分に沢山含まれていて、コラーゲンそのものですね。

既にご紹介しました「手羽元の薬膳スープ」や「豚バラ肉の黒酢で照り煮」もご参考になさって下さい。

30代で3g/日、50代で5g/日コラーゲンが必要とされると言われています。コラーゲンを多く含む前述の食材を積極的に摂るようにし、それでも気になるのであれば、サプリもありますので、積極的に摂取して、お肌の若さを蘇らせましょう。

 

女性ホルモンの原材料を体内に補給して女性ホルモンを出す努力をする!

良質な油

女性ホルモンの原材料となるのは油ですから、油の中でも身体に良いと言われているアマニ油や紫蘇油、ココナッツ油、オリーブ油等を積極的に摂取するようにしましょう。

女性ホルモン類似成分

又、女性ホルモンと似た働きが有るイソフラボンを含有する大豆や、類似成分を含むザクロや無花果を積極的に摂取しましょう。一定の年齢を過ぎてしまったと諦めるのは未だ早いのです。

感動とときめき、そして恍惚

又、女性ホルモンを出すには、感動したり、ときめいたり、といった心の動きが関係しているので、感性を磨き続けましょう。一番ときめくのは恋をした時かもしれませんね。現実の恋でもバーチャルな恋でも、ときめく事が大切です。

更に、ウットリとする感覚も女性ホルモンを促進しますので、例えば良い香りに包まれてみたり、素晴らしい音楽に暫し没頭したりするのも良いかもしれません。マッサージ等でも心地よくウットリ出来そうですね。

 

若返りホルモンである成長ホルモンの原材料を体内に補給して成長ホルモンを出す努力をする!

ホルモン関連でもう1つ。若返りホルモンと言われる成長ホルモンにも注目しましょう。

アルギニンが含まれる食材と運動

豆類や鳥胸肉等に含まれるアルギニンが、成長ホルモンの分泌を促進します。積極的に摂取して、スロースクワット等少しきつめの筋トレをすると成長ホルモンが大量に分泌されます。

良質な睡眠の確保

又、もう、スッカリ有名な話になりましたが、成長ホルモンは午後10~午前2時に最も多く分泌されますので、その時間帯の睡眠を確保する為にも、生活リズムを見直しましょう。

 

コラーゲン生成をサポートする化粧品でコラーゲン増産を図る!

医学的にコラーゲン生成をサポートする事が判明している美容成分、ビタミンC、レチノール、ナイアシンが配合された化粧品を使って、積極的にコラーゲンの増産を図ってみるのも手です。

 

➡ コラーゲンを増やせるビタミンC生命体はリペアジェルだけの特許

 

ピーリングをしてみる!

時には、フルーツ酸を使ってピーリングをしては如何ですか。ピーリングにはコラーゲンを増やして、肌をツルツルにする効果があります。

古い細胞が剥がれると新細胞生成の指令が出されるので、コラーゲン生成に関わっている繊維芽細胞が活発化します。

 

この様に、コラーゲンを増やす事は可能ですので、怠らずに地道に努力してみましょう。