諦め不要!コラーゲンは増やせる。コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの生成のピークは25歳頃で、それ以降は減少を続け、40歳になると25歳頃の65%迄減少し、60歳にもなると、なんと25歳当時の40%程度に迄減ってしまうという残酷な事実を前に、諦めるしかないと弾力を失った肌で辛抱するのですか?

もし、コラーゲンの減少を少しでも喰い止め、逆にそのコラーゲンを増やせる可能性があるとしたら、どうしますか?それでも自然の流れに身を任せますか?コラーゲンを増やす方法があるのであれば、試してみては如何でしょう。その意志が有れば読み進めて下さい。

 

➡ コラーゲンの噂、口から摂っても効果は出る?出ない?

 

コラーゲンを増やす5つの方法

コラーゲンの原材料を体内に補給する!

当然の方法ですね。コラーゲンの元となる原材料は蛋白質です。その蛋白質、要するにアミノ酸をシッカリと補給すれば良いのです。中でもプロリンとリジンがコラーゲンの生成には必須です。更にビタミンCはコラーゲンの生成過程で必要ですので、一緒に摂取します。

プロリン、リジンが多く含まれる食材として挙げられるのは、ゼラチン、豚肉や鳥胸肉、大豆製品、乳製品、小麦等です。ゼラチンと言えば鶏手場先や鶏手場元、豚バラ肉、鰻、豚足の皮部分に沢山含まれていて、コラーゲンそのものですね。

既にご紹介しました「手羽元の薬膳スープ」や「豚バラ肉の黒酢で照り煮」もご参考になさって下さい。

30代で3g/日、50代で5g/日コラーゲンが必要とされると言われています。コラーゲンを多く含む前述の食材を積極的に摂るようにし、それでも気になるのであれば、サプリもありますので、積極的に摂取して、お肌の若さを蘇らせましょう。

 

女性ホルモンの原材料を体内に補給して女性ホルモンを出す努力をする!

良質な油

女性ホルモンの原材料となるのは油ですから、油の中でも身体に良いと言われているアマニ油や紫蘇油、ココナッツ油、オリーブ油等を積極的に摂取するようにしましょう。

女性ホルモン類似成分

又、女性ホルモンと似た働きが有るイソフラボンを含有する大豆や、類似成分を含むザクロや無花果を積極的に摂取しましょう。一定の年齢を過ぎてしまったと諦めるのは未だ早いのです。

感動とときめき、そして恍惚

又、女性ホルモンを出すには、感動したり、ときめいたり、といった心の動きが関係しているので、感性を磨き続けましょう。一番ときめくのは恋をした時かもしれませんね。現実の恋でもバーチャルな恋でも、ときめく事が大切です。

更に、ウットリとする感覚も女性ホルモンを促進しますので、例えば良い香りに包まれてみたり、素晴らしい音楽に暫し没頭したりするのも良いかもしれません。マッサージ等でも心地よくウットリ出来そうですね。

 

若返りホルモンである成長ホルモンの原材料を体内に補給して成長ホルモンを出す努力をする!

ホルモン関連でもう1つ。若返りホルモンと言われる成長ホルモンにも注目しましょう。

アルギニンが含まれる食材と運動

豆類や鳥胸肉等に含まれるアルギニンが、成長ホルモンの分泌を促進します。積極的に摂取して、スロースクワット等少しきつめの筋トレをすると成長ホルモンが大量に分泌されます。

良質な睡眠の確保

又、もう、スッカリ有名な話になりましたが、成長ホルモンは午後10~午前2時に最も多く分泌されますので、その時間帯の睡眠を確保する為にも、生活リズムを見直しましょう。

 

コラーゲン生成をサポートする化粧品でコラーゲン増産を図る!

医学的にコラーゲン生成をサポートする事が判明している美容成分、ビタミンC、レチノール、ナイアシンが配合された化粧品を使って、積極的にコラーゲンの増産を図ってみるのも手です。

 

➡ コラーゲンを増やせるビタミンC生命体はリペアジェルだけの特許

 

ピーリングをしてみる!

時には、フルーツ酸を使ってピーリングをしては如何ですか。ピーリングにはコラーゲンを増やして、肌をツルツルにする効果があります。

古い細胞が剥がれると新細胞生成の指令が出されるので、コラーゲン生成に関わっている繊維芽細胞が活発化します。

 

この様に、コラーゲンを増やす事は可能ですので、怠らずに地道に努力してみましょう。